近視抑制治療

Q:なぜ近視の進行を抑制することが大切なのですか?

近視が過剰に進行することで生じる屈折異常に対しては眼鏡やコンタクトレンズの装用が必要になります。生活が不自由になる場合もあります。例えば、普通自動車の運転免許には両眼で0.7以上、片眼で0.3以上の視力が必要であり、これに満たない場合は眼鏡やコンタクトレンズで矯正しなければ車を運転することはできません。

近年、問題になっているのは強度近視人口の急増です。強度近視人口は2000年には1.6億人(有病率2.7%)であったものが、2050年には9.4億人(有病率9.8%)、実に5.8倍になると言われています。過剰に進行した強度近視では眼鏡やコンタクトレンズでは矯正視力が出ず、運転免許を取得できないばかりか、日常生活に支障が出ることもあり大変危険です。

また、強度近視になると、眼軸長が過伸展する(眼球が楕円形になる)ことにより網膜や脈絡膜に病的な変化が生じて、黄斑変性症、網膜剥離、緑内障など失明につながる眼疾患に罹患するリスクが高まることが知られています。

なぜ近視の進行を抑制することが大切なのですか?

今後もデジタル学習環境やスマホの長時間使用、インターネット環境によってますます近業が多くなることは間違いありません。学童期から近視進行を抑制することは、視力低下による生活面での不自由さや近視に伴う眼底の病的変化の予防に繋がるのです。

Q:近視はなぜ近業で進行するのですか?

こどもの発展途上の眼球は、視覚的環境に合わせて眼軸長を制御する仕組みが備わっており、クリアな視覚映像が眼軸伸展の停止信号になります。一方で網膜後方へのデフォーカス(調節ラグ)が眼軸伸展を加速させる引き金となることがこれまでの研究で分かっています。視距離が短くなると、調節反応は鈍化し、調節ラグは増大します。増大した調節ラグが眼軸伸展を引き起こすのです。

Q:低濃度アトロピン硫酸塩点眼0.01%はどのくらいの効果がありますか?

通常濃度(0.5%~1.0%)アトロピン硫酸塩点眼液が強い近視進行抑制効果を示すことは古くから知られています。また、近視進行に際しては副交感神経系が優位になることが知られています。副交感神経系優位では、屈折度の近方化、調節微動の増大、縮瞳を生じています。アトロピンは網脈絡膜にあるアセチルコリン神経受容体を阻害することで、眼軸長の視覚制御を無効にするのではないかと言われています。しかし、この濃度では散瞳による羞明、治療中止によるリバウンドなどが問題視されており、予防的治療に用いるには倫理的に問題がありました。

低濃度アトロピン硫酸塩点眼0.01%はどのくらいの効果がありますか?

しかし、2012年、シンガポール国立眼科センターが実施した研究(Atropine for the Treatment Of children Myopia 2:ATOM2)において濃度を希釈した0.01%アトロピン硫酸塩点眼液が平均60%の近視抑制効果を示すことが報告されました。副作用がほとんどなく、治療中止後のリバウンドもありませんでした。2019年に報告されたLAMP studyでは平均抑制率は27%、眼軸長では平均12%の抑制効果が得られています。日本の7大学共同研究であるATOM-Jでは2年間の抑制率は屈折度15%、眼軸度18%と報告されています。どの研究でも一定の効果は得られており、現在、日本で受けることができる近視抑制治療としては最も安価で最も安全な治療法であることは間違いありません。

Q:近視抑制治療にはほかにどのようなものがありますか?

オルソケラトロジー(オルソK)

日本で行われている有名な治療にオルソケラトロジーがあります。中心曲率がフラットなハードコンタクトレンズを就寝時に使用し、角膜上皮細胞の再分布と角膜曲率の再形成により、日中に眼鏡やコンタクトを装用不要にする治療法です。周辺網膜で後方へのデフォーカス軽減による近視抑制効果が期待できます。抑制率は眼軸長において30-63%と低濃度アトロピンと同様に様々な報告がされています。

近視抑制治療にはほかにどのようなものがありますか?

ただし、この治療法には大きな弱点があります。患者さんの時間的、心理的負担だけでなく、経済的負担がかなり大きい。また、就寝中にハードコンタクトレンズを装用することから結膜炎や角膜上皮障害を生じるリスクが高いのも大きな問題です。(※矯正の意味でもオルソKを中止すると数日でリバウンドし角膜形状は元に戻ってしまいます。)標準的治療が確立されていないのが現状であり、英国では近視進行抑制を目的とするオルソKの使用は臨床試験のみに限定されています。こういった事情もあり当院ではオルソKによる近視抑制治療は行っておりません。他院でオルソKによる治療を行っている方は必ず定期的に専門医の診察を受けましょう。

Defocus incorporated soft contact lens(DISC)

DISCレンズはレンズ中央部に、同心円状に遠用部と近用部を交互に配置したソフトコンタクトレンズです。これまでに報告されている研究結果では3年間の平均抑制率は屈折度で59%、眼軸長で52%と極めて良好な結果であり、すでに欧州や中国、シンガポールでは近視進行抑制用コンタクトレンズ(MySight™、CooperVision社)として販売されています。日本での販売が待たれます。

その他

近視抑制眼鏡として香港や中国で販売されているDIMSレンズのほか、多焦点ソフトコンタクトレンズ、特殊非球面レンズなど各国で数多くの研究がされており結果が待たれます。

Q:治療対象を教えてください

  • 12歳以下の学童
  • 軽度または中等度の近視の方
特にこのような方におすすめしています。
  • 両親が近視である
  • 学校の成績がよく、勉強をよくする
  • 携帯型ゲームを一日1時間以上する
  • 近業時の休息をあまりとらない
  • タブレット端末をよく使用する
  • 屋外で遊ぶことが少ない
  • あと少し視力が下がると眼鏡が必要と言われている
  • ご両親が眼鏡やコンタクトをこどもにさせたくない

特にこのような方におすすめしています。

Q:低濃度アトロピン0.01%点眼液の処方までの流れを教えてください

0.01%アトロピン点眼治療の流れ

※注意:治療薬は国内では生産されていないため、現在のところ、当院では完全自由診療となります。

初回診療
検査と説明を行います。
治療に承諾いただいてから0.01%アトロピン点眼薬(3本)を処方いたします。
定期検査
初回は1カ月後、2回目は2カ月後、それ以降は3カ月毎に受診をお願いします。
近視抑制効果が出現するのは4ヶ月以降と言われています。
2年以上の点眼継続をお勧めしています。

Q:費用はどのくらいかかりますか?

  • 検査・診察費用:初診時 7,600円(税込) 再診時 3,600円(税込)
  • 薬価:指定薬局にて薬剤3本で別途3,000円が必要になります。

※はじめの3ヶ月間は約3,500円/月、4ヶ月目からは2,200円/月の費用がかかる計算になります。

※表記金額はすべて税込です。

上へ
下へ